釣り×木工

ウォールナット シングルグリップ

釣り具と木工の素敵な関係。
私が初めて買ったグリップにはチークが使われていました。チークは今となっては希少な材料ですが、単調な木目と接合部の精度に満足できずにコルクに替えて使用していました。そのコルクも随分やれてきたのでウォールナットに交換することにしました。単調な木目、模様にならないように材料を選択するのですが、毎日この作業をしている訳ではないので、やっぱり削って、仕上げてみないとわからないというのが正直なところです。今回出来上がったグリップは縮杢も良い感じでなかなか満足のいくものとなりました。前回ケヤキのおもしろい木目&縮杢のグリップを製作した時は、ギターを作っている会社に勤務する先輩にとても綺麗に、そして強固に塗装をしてもらいましたが、今回は硬化剤入りのオイルで仕上げました。耐水性がありながらオイルフィニッシュのようなしっとりとした自然な仕上り。

ウォールナット シングルグリップ

まさか自分で削ることになるとは想像もしていませんでしたね。
でも初めて買ったグリップがウッドだったという点は今にかすかに通じているのかもしれません。