松阪木綿

松阪木綿 風呂敷

ふらりと寄った古道具屋で見た使い込まれた藍色の木綿生地。厚くてガサガサした武骨さと経年変化によるヴィンテージデニムのような存在感にすっかりやられてしまいした。
それ以来「木綿」をいろいろと物色していました。おそらく古道具屋にあった木綿は昔に農家の人たちが手で織ったもので、現在流通している木綿と比べて良い意味で荒い。なかなかその荒い、ヘビーデューティな木綿がないのです。上品な決め細やかなものはいろいろとあるのですが…
そんな中出会ったのがこちら松阪木綿。松阪木綿というと縞模様が真っ先に思い浮かびますが、こちらは藍染めされた無地。松阪木綿の中でも一番生地が分厚くスラブ織のもの。手触りは古道具屋で見た木綿とかなり近い。
風呂敷にしてもらったのでジーンズのようにどんどん使っては洗濯して経年変化を観察していこうと思っています。
松阪木綿